花言葉
色々な花の花言葉で花を探せる。

花言葉一覧

好きな言葉を50音で捜せます。
今日 誕生花はこちら

 
 

花名で探す花言葉の一覧

好きな言葉や状況に適した言葉の花を探すのに最適です。
 
 

花名別

           
 
  草花の名前で探す、50音別。            
  行事や感情で選ぶ花言葉   冠婚葬祭や記念日、行事や感情(喜怒哀楽)で選ぶ。       花言葉別   花言葉トップ  

花言葉:ポインセチア

花にはそれぞれ花言葉があります。クリスマス頃に見かけることが多いポインセチアにも素敵な花言葉があるので、詳しく知っておくことがおすすめです。この花は赤いものが有名ですが、他の色も存在しています。そのため、色によって込められている意味も違っていることを知っておく必要があるでしょう。
 
まず、代表的な赤いポインセチアには「心が燃えている」という意味があります。原産地であるメキシコでは、クリスマス前夜の花と呼ばれており、恋の花として扱われていることを知っておくと良いです。恋の花となった理由には、メキシコに伝わる伝説が関係しています。伝説によると、この地域には失恋によって亡くなってしまった若い女性がいました。女性が亡くなった後、彼女の胸に流れていた血が真っ赤なポインセチアになったという言い伝えがあり、これによって恋の花であると呼ばれたり、心が燃えているという意味があると言われるようになったりしました。伝説の内容だけを聞くと悲しい恋の話だと言えますが、失恋を理由に亡くなってしまうほど燃えるような恋をしていたわけですから、この花には熱い気持ちを託すことができると分かるはずです。言い伝えの女性のように胸が焦がれるような恋をしている場合、ほとばしるような情熱を感じている場合は相手にこの花をプレゼントしてみると良いでしょう。
 
ポインセチアにはピンク色もありますが、このカラーの場合は思いやりや「純潔」といった意味が込められています。白色は「慕われる人」「あなたを祝福する」という意味があり、黄色は「幸運を祈る」という花言葉です。いずれも恋に関係するものや前向きな意味を持つものであり、選択する色を変えることで様々な相手への贈り物として選ぶことができます。
 
実は色に関係のない花全体の花言葉も存在しており、「清純」という意味があることも覚えておくと良いでしょう。こちらも原産地であるメキシコの人々の考えが反映されており、メキシコの先住民がポインセチアを清純のシンボルとしていたことで、この花言葉がつけられました。
 
同じ種類の花でも色によって違った意味が込められています。どれも素敵な内容であることには間違いがないので、見た目だけでなく込められた思いを理由にこの花を好む人も多いです。冬に飾ったりプレゼントしたりすることに最適な品種なので、込められている意味を理解した上で飾ったり贈ったりすることをおすすめします。

  
| リンクについてご意見はこちらCopyright(C)2021 FFJ All Rights Reserved