花言葉
色々な花の花言葉で花を探せる。

花言葉一覧

好きな言葉を50音で捜せます。
今日 誕生花はこちら

 
 

花名で探す花言葉の一覧

好きな言葉や状況に適した言葉の花を探すのに最適です。
 
 

花名別

           
 
  草花の名前で探す、50音別。            
  行事や感情で選ぶ花言葉   冠婚葬祭や記念日、行事や感情(喜怒哀楽)で選ぶ。       花言葉別   花言葉トップ  

花言葉:アカシア

アカシアは、黄色い綺麗な花を咲かせる植物です。マメ科ネムノキ亜科アカシア属の植物であり、一般的には1000種類以上も存在するものです。一見すると同じようなものに見えてしまうものも多いのですが、実際に触れたり性質を調べるとそれぞれ違いがあることも多いです。日本国内でも、育て方がそれほど難しくないとあって人気のある花になっています。実際に、観賞用はもちろんですが切り花やドライフラワーでも親しまれていますので、多くの人にとって馴染みのあるものです。

ただ、大半の種類のものが春から秋にかけて黄色い花を咲かせることに特徴があります。名前の由来はトゲがある、鋭いという意味のギリシャ語からやってきています。akazoという言葉で、これは枝に鋭いとげを持っているものがあったからです。また、古代エジプトでは神聖なシンボルとして扱われていた背景もあります。

アカシアには、秘密の恋という花言葉が存在します。これは、オーストラリアの原住民であるアボリジニに由来していると考えられています。アボリジニは、愛の告白を行うときにこの花を使ったとされていますので、恋や友情などといった感情の元になる花言葉が多いです。実際に、気まぐれの恋という花言葉もありますし、豊かな感受性という意味も込められています。また、種類によってどういった意味合いが込められるのかも若干異なります。品種によっては完全に黄色というわけではなく、オレンジがかった状態になることもあり、この場合には優雅という意味が込められることもあります。

注意が必要なのが、似たような色や状態を保っている花も少なくなく、この花と勘違いをされてしまうものが多いという点です。花言葉の意味も似ているものもあり、例えばミモザについては誤解を受けることが多いです。ミモザにも、実は秘密の恋や感受性、そして思いやりなどといった意味が存在します。そもそも、ミモザは紫やピンクに近い咲かせることになりますので、大半の種類で黄色い花を咲かせるアカシアとは定義からして異なります。見た目の違いもそうですが、実はそれ以上に簡単な見極め方もあります。それは、葉っぱに触れて頭を下げるかどうかです。ミモザには、別名でオジギソウという名前が付けられています。その名前の通り、葉っぱに触れるとお辞儀をするように頭を下げることからこの名前が付けられました。アカシアには、この特徴が存在しませんので、葉っぱに触れるとその違いが分かります。

 

  
| リンクについてご意見はこちらCopyright(C)2021 FFJ All Rights Reserved