花言葉
色々な花の花言葉で花を探せる。

花言葉一覧

好きな言葉を50音で捜せます。
今日 誕生花はこちら

 
 

花名で探す花言葉の一覧

好きな言葉や状況に適した言葉の花を探すのに最適です。
 
 

花名別

           
 
  草花の名前で探す、50音別。            
  行事や感情で選ぶ花言葉   冠婚葬祭や記念日、行事や感情(喜怒哀楽)で選ぶ。       花言葉別   花言葉トップ  

室内での蘭の育て方くり

プレゼントなどにもよく使われるのが洋蘭です。元々は欧米から明治以降に伝わってきたで、多くは熱帯から亜熱帯地方が原産で、花弁が大きく白・濃いピンク・黄色などの花色が鮮やかで見栄えするのが特徴です。対して日本から昔栽培されているものは東洋蘭と呼ばれていて、花弁が小さめで花色も薄くなっています。

育てるためには、植物に適した環境を作ってあげるということが重要です。洋蘭は基本的には乾燥が苦手ですので、湿度を保つように工夫することがポイントとなります。寒さにも弱いことから、冬場は室内に移動させます。夏は日差しを調節できるような工夫をしていきます。

一言で蘭と言っても様々な種類があります。そのため、それぞれの種類に合わせた育て方をすることが、長く楽しむためのコツといえます。

日本でポピュラーなものとしては、胡蝶蘭が挙げられます。プレゼントされる機会も多い種類ですが、屋内で育てる場合には窓際などの明るい場所に置いておきます。レースカーテンなどを使用して直射日光は避けるようにして、日に当てておきます。

水やりは鉢植えの表面に敷かれた水苔を、指で押して完全に乾いていたら水をあげます。注意したいのが水のやり過ぎで、やり過ぎてしまうと根腐れの原因になってしまいます。受け皿に水が溜まったままでも根腐れにつながるため、水の量には注意しながら与えます。

蘭といえばカトレアという種類も、様々な花色が楽しめるとして人気です。華やかな見た目とは裏腹に基本的には生命力の強い蘭ですが、寒さに弱く温度が高い環境を好みます。そのため一年を通して暖かい場所で育てます。日光が好きな植物ですが、直射日光は葉焼けしてしまうため注意します。

水やりは基本的に水をたっぷりと与えますが、蘭の状態によって与える水の量は変わってくるため気流などの風通しなども考慮した上で与えることがポイントです。

暑さにも寒さにも強い種類としてあげられるのが、シンビジウムです。日当たりと気流の良い場所を好むため基本的には屋外で育てるのに向いています。秋から冬にかけては屋内に入れて、日当たりの良い場所で育てています。これも基本的には水をたっぷり与えますが、冬場などは表面が乾いたら霧吹きや加湿器などを利用して最適な湿度を保つように心がけます。

また、肥料を上げる場合には他の植物よりも量は少なめにして、成長期の春から秋の間にしておくと状態が良くなるとされています。

 
 

  
| リンクについてご意見はこちらCopyright(C)2021 FFJ All Rights Reserved