花言葉
色々な花の花言葉で花を探せる。

花言葉一覧

好きな言葉を50音で捜せます。
今日 誕生花はこちら

 
 

花名で探す花言葉の一覧

好きな言葉や状況に適した言葉の花を探すのに最適です。
 
 

花名別

           
 
  草花の名前で探す、50音別。            
  行事や感情で選ぶ花言葉   冠婚葬祭や記念日、行事や感情(喜怒哀楽)で選ぶ。       花言葉別   花言葉トップ  

チューリップの開花時期はいつ?植える時期やその品種も知ろう!

チューリップは、春に赤色・黄色・オレンジ色など様々な色がある、多くの人々から愛され続けている植物の一つで観賞するだけで気持ちが明るくなること春をより感じさせてくれるなどの魅力を持つ花です。チューリップは品種が色々あるのですが、古くから品種改良が行われていて公園の花壇などで見ることも少なくありません。

 

ちなみに、チューリップの種類は原種では150種類くらいあるといいますが、交配によりその種類はさらに増え続けていて世界中に6,500種類を超える品種になっているといいます。草丈は40cmくらいのものが主流ですが20cm以下の小さなものや逆に60cmを超えるくらいの大きなものなど色々あるので、チューリップの球根を購入するときなどチェックしておくと良いのではないでしょうか。

 

チューリップの開花 時期ですが、これはチューリップ 品種で少しずつ異なります。早咲きの早生種の場合ではチューリップ 開花は3月下旬頃〜4月中旬頃、中生種は4月中頃〜下旬頃、そして遅咲きの晩生種は4月下旬〜5月上旬頃に開花します。これらはチューリップの球根をお店で購入するときに記載があるので分かるかと思われますが、表記がないときなどはお店のスタッフさんに尋ねておくと安心です。なお、チューリップの開花 時期の違いを使って開花時期が異なる品種を植えてあげると3月下旬頃から5月上旬頃までの間は常にチューリップを観賞することができるメリットに繋げることができます。

 

チューリップを植える 時期ですが、基本的に植え付け時期は10月〜11月に行うのが良いとされますが、地面の温度が10度を下回らないときに行うと根張りが良くなりますので毎年チューリップの球根が生き続けている限りきれいな花を楽しめます、チューリップの植え付け時期と合わせて覚えておきたいことは、チューリップの球根を植える場所は水はけが良くて1日中太陽の光が当たる風通しが良いなどの条件を満たしているところを選ぶ点です。半日陰のような場所でも発芽や開花は可能ではありますが少し遅れることもあるので注意が必要です。

 

チューリップの球根を受け付ける深さと間隔ですが、球根の高さの2〜3倍の深さが標準的ですが霜が降りる心配がない暖地などでは浅く植えても問題はありません。このように、チューリップ 品種には色々な特徴があるので、色々球根を探して植えることで長期間花を楽しめる魅力があることを覚えておくと良いのではないでしょうか。

 

  
| リンクについてご意見はこちらCopyright(C)2021 FFJ All Rights Reserved