花言葉
色々な花の花言葉で花を探せる。

花言葉一覧

好きな言葉を50音で捜せます。
今日 誕生花はこちら

 
 

花名で探す花言葉の一覧

好きな言葉や状況に適した言葉の花を探すのに最適です。
 
 

花名別

           
 
  草花の名前で探す、50音別。            
  行事や感情で選ぶ花言葉   冠婚葬祭や記念日、行事や感情(喜怒哀楽)で選ぶ。       花言葉別   花言葉トップ  

ウラハグサ: 風知草

ウラハグサはイネ科の植物で、別名フウチソウという名前が存在します。漢字では風知草と表記しますが、ウラハグサは日本固有の植物であって、学名はハコネクロアと名づけられています。ハコネクロアは箱根の草という意味が由来で、箱根を中心とした地域に多く見られるのが理由です。英語ではHakonechloa macraと書きますが、macraは長いという意味です。

名前が表すように最大で70cmにもなる草丈が特徴で、稲のように自重で垂れ下がる様子を見せます。ウラハグサは匍匐茎を有する多年草で、光沢を持つ鱗片葉に匍匐茎が包まれる形状をしています。茎は最低でも40cm以上あり、節ごとにいわゆる膝折れの構造をしているのが特徴です。細くて長い茎は長さが最大25cm、幅10mmほどの葉をつけます。

葉の表面は緑色をしているものの光沢はなく、裏面の方がよりハッキリとした緑色で光沢もあります。ウラハグサが面白いのは、葉が基部からよじれることで裏面が表面のように見えることです。その為、裏表の特徴を知らない人が見ると、表に光沢があると誤解してしまいます。ちなみに葉の色は単一ではなく、いくつかのバリエーションに分かれるのが基本です。

は8月から10月頃と、夏から秋に掛けての季節に咲きますが、円錐花序が特徴で茎先から長さ10cmくらい先が垂れます。花序を主軸に節から側枝が2本伸び、そこに小穂がつきます。小穂はやや黄色み掛かった緑色が基本ですが、紫色を帯びることもあります。長さは2cmほどで、最大10個ほどの両性小花を含みます。

他にも様々な特徴がありますが、日本の固有種で特に本州の太平洋側、関東圏から和歌山あたりにまで分布していることが分かっています。山間部の落葉樹林が見られる地域では、岩の上に群生している様子が見られますが、生育数自体はそれほど多くないです。ウラハグサは属する唯一の種であるのと同時に、単型属で他の植物に似たものは限られます。

余談ですが、レッドデータブックでは絶滅種に分類されている地域もありますが、環境省の分類では含まれていないです。つまり、地域によっては見られないところも存在しますが、まだまだ広く分布しているので見られる地域も多いことを意味します。観賞用の植物なので食べることはできませんが、日本人に馴染みの深いイネ科と考えて見ると、親しみや感慨深さを思わせる感情が湧き上がってくると思われます。基本データ的には耐寒性と耐暑性が強く、栽培難易度は低くて初心者にも育てやすい、育生におすすめの植物だといえます。

 
 

  
| リンクについてご意見はこちらCopyright(C)2021 FFJ All Rights Reserved