花言葉
色々な花の花言葉で花を探せる。

花言葉一覧

好きな言葉を50音で捜せます。
今日 誕生花はこちら

 
 

花名で探す花言葉の一覧

好きな言葉や状況に適した言葉の花を探すのに最適です。
 
 

花名別

           
 
  草花の名前で探す、50音別。            
  行事や感情で選ぶ花言葉   冠婚葬祭や記念日、行事や感情(喜怒哀楽)で選ぶ。       花言葉別   花言葉トップ  

花言葉:アンブロシア

アンブロシアはブタクサのことで、12月5日の誕生花とです。花言葉の定義は幸せな恋や、よりを戻すなどがあります。アンブロシアの分類について、キク科ブタクサ属の植物になります。北アメリカの原産になり、明治の初期頃に日本に渡来しました。以後道端や空き地などに生息していて、アメリカでは花粉症の原因として有名です。

日本でもスギやヒノキに次ぐと言われており、球形の花粉を風によって飛ばすのが特徴的です。ブタクサの名前は英語の通称名であるhogーweedの意味に由来しており、ブタクサの花言葉もよりを戻すや幸せな恋です。ヨモギに似ており、ヨモギには幸福や夫婦の愛などの花言葉があります。アンブロシアはヨモギではないですが、ヨモギの花言葉ににせて設定されたという説もあります。西洋文化において花は重要な象徴的な意味があり、花に意味を当てる習慣はフロリオグラフィーとして有名です。例えば赤いバラの場合、愛や美しさ、情熱の象徴という意味があります。アンブロシアの葉にはヨモギのような切れ込みがあり、ブタクサの学名であるAmbrosiaはギリシア神話に出てくる神々の食べ物です。

不老不死になると言われており、実際ヨモギの葉のことになりますが、ヨモギに見た目が似ているためこの学名になりました。花期は7月〜9月で花の色は黄緑です。枝の先端には穂状に垂れ下がった花があり、風にのせて花粉を飛ばすことによって受粉を促します。花粉症の原因としても知られており、1つから3〜6万個の種子ができます。寿命は40年と長く、非常に生命力や繁殖力が高いことが特徴的です。中にはオオブタクサという種類もあり、基本種より草丈の高いものになります。現在世界全体で見ると、原産地である北アメリカやオーストラリア、ヨーロッパやアジア諸国など広く生息地とする品種です。場所を選ばずに根をはやす草で、温帯から熱帯の気候において適応することができます。

一年草で冬になると枯れますが、次の世代のために種子を残しながら繋いでいく特徴があります。そのため寒期がある国でも、生き延びることができるでしょう。環境適応力が強い品種で、生息地の気候や状況などに対応しながら繁殖することが可能です。日本も生息地として数えられ、日本では目撃されない都道府県はほとんどないでしょう。広範囲において定着されており、主に農地や野原、河川敷などで目撃されるでしょう。ヨモギも同じような所で生息しているので、両種が並んで生えている場所もあります。

 

  
| リンクについてご意見はこちらCopyright(C)2021 FFJ All Rights Reserved