花言葉
色々な花の花言葉で花を探せる。

花言葉一覧

好きな言葉を50音で捜せます。
今日 誕生花はこちら

 
 

花名で探す花言葉の一覧

好きな言葉や状況に適した言葉の花を探すのに最適です。
 
 

花名別

           
 
  草花の名前で探す、50音別。            
  行事や感情で選ぶ花言葉   冠婚葬祭や記念日、行事や感情(喜怒哀楽)で選ぶ。       花言葉別   花言葉トップ  

花言葉:どんぐり

どんぐりは、日本人に馴染み深い果実です。縄文時代の人々はどんぐりを食べていたとされますし、日本も含まれる環太平洋地域では重要な食物とされてきました。お隣の韓国では現在もどんぐりを使った料理が残っていて、カリフォルニアの先住インディアンはどんぐり文化と呼ばれているほどです。

また北欧の国々では生命・多産・永遠のシンボルとされていて、実を一つ持っていると病魔から体を守り、若さを保ちながら長生きできるとする言い伝えもあり、雷から家を守るため窓際に飾る風習もあります。イギリスには「樫の大樹も小さなどんぐりから」とすることわざもあって、世界中で大切に扱われてきました。他にもどんぐりは四つ葉のクローバーと同じく、幸運のシンボルとしても考えられています。

文化や民族は違っても、世界中のあらゆる国々で根付いて大切に扱われてきたわけです。現代の日本においても、どんぐりは身近な果実の一つです。秋になると紅葉した樹の下に落ちているのを見かけたり、子どもの頃にはどんぐり拾いをしたことがある人も多いでしょう。そんなどんぐりの言葉は、永遠の愛・もてなし・愛は永遠に・勇敢などです。永遠の愛や愛は永遠にといった花言葉の意味から考えると、パートナーに大切な思いを伝えたいときに送りたい果実であると言えるでしょう。

もう一つの花言葉であるもてなしは、大きな大樹からイメージされているのかもしれません。大きな大樹は木の実を集めるリスの住処になるケースが多く、食べ物であるどんぐりも木の下に落としています。木の下に落ちたどんぐりなどの木の実は他の動物たちにとって餌となるので、もてなしとする花言葉がついたのではないかとも考えられています。どんぐりの誕生花は、10月16日です。
日本では秋に見かける木の実のイメージですから、誕生花の10月16日はピッタリと言えるでしょう。

コナラやミズナラなどブナ科などの果実の総称でもあるどんぐりは、あまりにも小さいため地面に落ちていても見逃してしまうかもしれません。大輪の綺麗な花に比べたら地味な存在ですが、それでも有史以前から人間の生活になくてはならい食料の一つであり、幸運のシンボルなどとして大切に扱われてきました。世界中の多くの文化に根付き日本でも愛され続けている木の実は、どんぐり以外にはないと言っても過言ではありません。これからも大切にしながら、人間の生活の中で受け継がれていくのでしょう。

 

  
| リンクについてご意見はこちらCopyright(C)2021 FFJ All Rights Reserved